メディア掲載情報

2018年1月1日掲載 日本経済新聞の寝ずの番カメラ今夜も街守るでディフェンダーXが紹介されました。

2018年1月1日の日本経済新聞で、3つの新たな脅威に対抗する手段という切り口で特集が組まれました。脅威とその対策として上げられた1つ目サイバー攻撃と対抗策として情報セキュリティ、2つ目は昨年注目されたあおり運転と対抗策としてドライブレコーダー、3つ目はオリンピックに向け一層警戒すべきテロや犯罪と対抗策として防犯カメラだ。

当社エルシス北海道が販売するディフェンダーXが紹介されているのは3つ目のテロや犯罪への対抗策として。記事によるとオリンピックにむけテロや犯罪への防犯意識が高まり監視カメラの需要が急増しているとか。官公庁やインフラ関係者が対策強化を迫られているほか、商業施設や駅、道路などあらゆるところに防犯カメラの監視の目が広がっている。

注目されるアイテムとして暗闇でも鮮明に撮影できるキャノンの高感度カメラ、さらに録画した映像から必要な情報だけを自動的に抽出できるイスラエル製のソフトも紹介されている。そしてロシアの政府機関で開発された人の精神状態を把握し不審者を探し出すシステムとして掲載されているのディフェンダーX。

14年のソチオリンピックで導入されたほか海外の空港でも実際に使用していることが紹介されている。
記事では、人が目で見えるものや判断できることには限界がある。こうしたカメラや最先端のシステムを活用するこで人を補い安全の輪が広がっていくことにつながる。とまとめている。

上記は、2018年1月1日日本経済新聞に掲載された記事をもとにエルシス北海道がまとめた文章となります。

貴社のビジネスが変わる ELSYS北海道からの企画提案-ディフェンダーX(DEFENDER-X)

犯罪を未然に防ぐ!本来の防犯対策を効率的にローコストで実現できる。お客様は貴社からそんな提案を待っています。一度、提案にディフェンダーXを加えてみませんか。

貴社のビジネスが変わる ELSYS北海道からの企画提案-メンタルチェッカー(MentalChcker)

過度のストレスが事故や事件の引き金となり大きな損害につながる現代。不安を抱く企業にMentalCheckerはキラーコンテンツ。貴社の提案もグッと魅力を増すでしょう。