MENTAL-CHECKERがあなたのストレスや精神状態を自動判定 MENTAL-CHECKER 映像から人間の動きを解析し精神状態を自動的に判定

MENTAL-CHECKER

映像解析技術により精神状態を判定 ストレスから社員や会社を守る
画像

ストレスや精神状態を自動判定

メンタルチェッカーは、映像からその人の微細な振動を解析することで人の感情を可視化し精神状態を判定するシステムです。
ストレスチェックが一定規模以上の企業に義務付けられるなど、労働者に対するメンタルヘルスが急務となる中、特別な知識なく容易に運用できるシステムとして注目されています。

映像から人の振動を解析し精神状態を測定する特許技術

反射運動は意識なく起きる動作です。人間を含め動物は精神状態の変化が微小な振動として現れることが長年の運動精神生理学の研究により発表されています。メンタルチェッカーは、ロシアの研究機関が行った10万人以上に及ぶ研究で判明した“反射による振動と感情の相関関係”の実証データに基づき開発されました。ロシア・米国で特許を取得しており、日本でも特許申請中の最先端の技術がベースとなっています(詳しくは、基礎技術・特許関連のページをご覧ください)。

判定結果

判定結果は、右のように結果シートが出力されます。問診やチェックシートへの記入も不要で、結果の出力まで2分もあれば十分。操作も簡単なので、定期的にチェックすることで精神状態の変化を知ることができ、専門医のアドバイスを受けるなどの橋渡しも容易になります。

こんなことが分かります

  • ・ストレス状態
  • ・身体的な不調
  • ・各種チャートやヒストグラムによる精神状態
画像

メンタルチェッカー判定でわかる精神状態と病気との関係

メンタルチェッカーでは、精神疾患等を患っている人はより顕著に判定結果がでています。それぞれの病気特有の特性があることも分かっています。現時点ではこれまでのデータによる予想結果の域を出ませんが、現在医療機関による臨床試験が続けられています。
また、医療機関との共同研究により、将来は病状の予測も可能になると考えられています。

  • 画像

    異常な判定結果例1

  • 画像

    異常な判定結果例2

  • 画像

    異常な判定結果例3

  • 画像

    異常な判定結果例4

MENTAL-CHECKERの特徴

アイコン画像

わずか1分間の測定で
精神状態を自動判定

アイコン画像

非接触型の測定システム
カメラの見えない形式でも
測定可能

アイコン画像

周期測定により
精神状態の変化の
比較分析が可能

アイコン画像

パイロット・運転手の健康管理
企業・学校等の
トラブル防止に有効

導入事例

外国人実習生の健康管理の一環として導入
言葉の問題によるコミュニケーション不足を補えることに期待

株式会社セーフティーステップ
 春木 浩司 様

経営者にとって、労災やストレスを起因とするミスや事故による直接の損害はもちろん、人材を失うことにもなり無視できない課題といえます。
現在、札幌・石狩・苫小牧・室蘭の4か所に拠点を設け、足場の施工・レンタル事業を展開している株式会社セーフティーステップ様では、数年前より外国人実習生を受け入れ足場工事の技術指導を行っており、現在、多くはベトナムからの外国人実習生が日々経験を積んでいるそうです。
外国人実習生の社宅管理から現場でのトラブル対応、日常生活や健康管理など全般をサポートしている春木浩司様にお話をお伺いしました。

ーー外国人実習生に対する印象は?
大半は20代前半ですが、中には既婚者もいます。国に家族を残して技術習得に来ているわけですから、やる気というか熱意には関心します。でも慣れるまでは精神的な不安は大きいと思います。そこはとても気を使いますね。
ーーサポートとしてどういったことをされていますか?
ほんとに色々ですが、入国時の手続きはもちろん、住居の手配や家具の手配。実習に入ってからの現場でのトラブル対応や病気の時の病院への送迎等など。ホントに色々です(笑)。
画像

異国の地で働く中で、人間関係など精神的な疲労をいかにフォローするか

ーー苦労する点は何ですか?
やはり言葉の問題が一番ですね。基本的な挨拶や現場で使用する言葉は研修を受けていますが、かなり個人差があります。また、現場で怒られて元気が無いとか、体調が悪いなど細かなニュアンスは正直わかりませんから…。
ーーメンタルチェッカーを導入した理由は何ですか?
建設現場は油断すると危険が伴います。やはり健康で現場では集中して仕事をしなければなりません。体調は見た目でも判断がつきますが、精神的な部分はわかりません。ヒアリングも難しいですし。メンタルチェッカーはノートパソコン1台で運用できますし、カメラの前に1分座ってもらうだけで判定結果が出るので、コミュニケーションのヒントをもらえます。
ーーメンタルチェッカーを使ってみた印象は
まず、操作が簡単で知識がなくても使えるのが良いですね。判定結果は定期的に使って変化を見るのが大事だなと思っています。やっぱり性格は各々違いますからね。自分としても実習生それぞれの状態を知ることができるので、コミュニケーションを取るハードルが下がった気がします。もしかしたら私のメンタルケアに一番効果があるかもしれませんね(笑)。今後は他の拠点でも運用する予定ですが、ノートパソコンなどで持ち運べるのも利点ですね。
画像

メンタルチェッカー運用風景

画像

外国人実習生のメンタルケアに活用

メディア掲載情報 メディア掲載情報
貴社のビジネスが変わる ELSYS北海道からの企画提案-ディフェンダーX(DEFENDER-X)

犯罪を未然に防ぐ!本来の防犯対策を効率的にローコストで実現できる。お客様は貴社からそんな提案を待っています。一度、提案にディフェンダーXを加えてみませんか。

貴社のビジネスが変わる ELSYS北海道からの企画提案-メンタルチェッカー(MentalChcker)

過度のストレスが事故や事件の引き金となり大きな損害につながる現代。不安を抱く企業にMentalCheckerはキラーコンテンツ。貴社の提案もグッと魅力を増すでしょう。